草加西高校

草加西高校は、埼玉県草加市にある公立高校です。

学校名:草加西高校(ソウカニシ)

区分:県立・共学

住所:〒340-8524 草加市原町 2-7-1

連絡先:048-942-6141

偏差値:40

埼玉県では平成22年度入試から入試制度が大きく変更されました。平成21年度の公立高校入試までの制度では、「学力検査の合計」と「学習の記録の合計」を相関評価し、「7:3」や「6:4」などの比から学校が選択し、いずれか一方を重視して領域を設定することができるものでしたが、平成22年度の入試からは、「学力検査の得点」に、各高校で定める配点による「調査書の得点」及び実施する場合は「実技検査等の得点」を加えた合計得点で選抜するシステムになります。基本的に全受験者に学力検査を課す制度になりますので、中学校での普段の授業を大切にして、しっかり勉強することが求められます。今後の偏差値、倍率に注目です。

過去の草加西高校入試倍率は以下となっています。

前期入試倍率の推移

募集定員 志願者数 合格者数 競争倍率
2009年 240人 289人 156人 1.85倍
2010年 180人 275人 180人 1.53倍

後期入試倍率の推移

募集定員 志願者数 合格者数 競争倍率
2009年 81人 112人 1.38倍
2010年 58人 110人 61人 1.8倍

埼玉県の前期募集では、すべての志願者が受験し、学力検査5教科が課されます。前期募集の募集人員は50%から100%で前期募集のみで募集人員に達する高校もあります。

合否は、5教科の学力検査の得点(500点満点)と「調査書の得点」などを加えた合計得点の高いものから合格となります。また、後期募集では、前期募集で合格にならなかった生徒がどの学校にも志願できます。後期募集は3教科の学力検査(300点満点)に加え、各高校が定める項目(面接や実技検査)が実施され、合否が決定されます。

前期入試の募集定員:普通科65%

選抜方法:総合問題・面接

地域選抜の有無:地域選抜なし

学力検査科目数:5科目

学力検査:調査書比率:5:5

調査書の各学年の取扱比率 1年:2年:3年:1:1:1

面接の有無:

草加西高校に関する最新情報は公式HPでお確かめください。

草加東高校

草加東高校は、埼玉県草加市にある公立高校です。

学校名:草加東高校(ソウカヒガシ)

区分:県立・共学

住所:〒340-0001 草加市柿木町 1110-1

連絡先:048-936-3570

偏差値:45

埼玉県では平成22年度入試から入試制度が大きく変更されました。平成21年度の公立高校入試までの制度では、「学力検査の合計」と「学習の記録の合計」を相関評価し、「7:3」や「6:4」などの比から学校が選択し、いずれか一方を重視して領域を設定することができるものでしたが、平成22年度の入試からは、「学力検査の得点」に、各高校で定める配点による「調査書の得点」及び実施する場合は「実技検査等の得点」を加えた合計得点で選抜するシステムになります。基本的に全受験者に学力検査を課す制度になりますので、中学校での普段の授業を大切にして、しっかり勉強することが求められます。今後の偏差値、倍率に注目です。

過去の草加東高校入試倍率は以下となっています。

前期入試倍率の推移

募集定員 志願者数 合格者数 競争倍率
2009年 280人 266人 98人 2.71倍
2010年 240人 370人 240人 1.54倍

後期入試倍率の推移

募集定員 志願者数 合格者数 競争倍率
2009年 179人 204人 1.14倍
2010年 78人 123人 86人 1.43倍

埼玉県の前期募集では、すべての志願者が受験し、学力検査5教科が課されます。前期募集の募集人員は50%から100%で前期募集のみで募集人員に達する高校もあります。

合否は、5教科の学力検査の得点(500点満点)と「調査書の得点」などを加えた合計得点の高いものから合格となります。また、後期募集では、前期募集で合格にならなかった生徒がどの学校にも志願できます。後期募集は3教科の学力検査(300点満点)に加え、各高校が定める項目(面接や実技検査)が実施され、合否が決定されます。

前期入試の募集定員:普通科35%

選抜方法:総合問題・面接

地域選抜の有無:地域選抜なし

学力検査科目数:5科目

学力検査:調査書比率:5:5

調査書の各学年の取扱比率 1年:2年:3年:1:1:3

面接の有無:

草加東高校に関する最新情報は公式HPでお確かめください。

草加南高校

草加南高校は、埼玉県草加市にある公立高校です。

学校名:草加南高校(ソウカミナミ)

区分:県立・共学

住所:〒340-0033 草加市柳島町 66

連絡先:048-927-7671

偏差値:49

埼玉県では平成22年度入試から入試制度が大きく変更されました。平成21年度の公立高校入試までの制度では、「学力検査の合計」と「学習の記録の合計」を相関評価し、「7:3」や「6:4」などの比から学校が選択し、いずれか一方を重視して領域を設定することができるものでしたが、平成22年度の入試からは、「学力検査の得点」に、各高校で定める配点による「調査書の得点」及び実施する場合は「実技検査等の得点」を加えた合計得点で選抜するシステムになります。基本的に全受験者に学力検査を課す制度になりますので、中学校での普段の授業を大切にして、しっかり勉強することが求められます。今後の偏差値、倍率に注目です。

過去の草加南高校入試倍率は以下となっています。

前期入試倍率の推移

募集定員 志願者数 合格者数 競争倍率
2009年 200人 200人 50人 4倍
2010年 180人 274人 181人 1.51倍

後期入試倍率の推移

募集定員 志願者数 合格者数 競争倍率
2009年 147人 175人 1.19倍
2010年 58人 91人 60人 1.52倍

埼玉県の前期募集では、すべての志願者が受験し、学力検査5教科が課されます。前期募集の募集人員は50%から100%で前期募集のみで募集人員に達する高校もあります。

合否は、5教科の学力検査の得点(500点満点)と「調査書の得点」などを加えた合計得点の高いものから合格となります。また、後期募集では、前期募集で合格にならなかった生徒がどの学校にも志願できます。後期募集は3教科の学力検査(300点満点)に加え、各高校が定める項目(面接や実技検査)が実施され、合否が決定されます。

前期入試の募集定員:普通科25%

選抜方法:面接

地域選抜の有無:地域選抜なし

学力検査科目数:5科目

学力検査:調査書比率:6:4

調査書の各学年の取扱比率 1年:2年:3年:1:1:2

面接の有無:

草加南高校に関する最新情報は公式HPでお確かめください。

草加高校

草加高校は、埼玉県草加市にある公立高校です。

学校名:草加高校(ソウカ)

区分:県立・共学

住所:〒340-0002 草加市青柳 5-3-1

連絡先:048-935-4521

偏差値:50

埼玉県では平成22年度入試から入試制度が大きく変更されました。平成21年度の公立高校入試までの制度では、「学力検査の合計」と「学習の記録の合計」を相関評価し、「7:3」や「6:4」などの比から学校が選択し、いずれか一方を重視して領域を設定することができるものでしたが、平成22年度の入試からは、「学力検査の得点」に、各高校で定める配点による「調査書の得点」及び実施する場合は「実技検査等の得点」を加えた合計得点で選抜するシステムになります。基本的に全受験者に学力検査を課す制度になりますので、中学校での普段の授業を大切にして、しっかり勉強することが求められます。今後の偏差値、倍率に注目です。

過去の草加高校入試倍率は以下となっています。

前期入試倍率の推移

募集定員 志願者数 合格者数 競争倍率
2009年 320人 480人 80人 6倍
2010年 240人 474人 240人 1.98倍

後期入試倍率の推移

募集定員 志願者数 合格者数 競争倍率
2009年 237人 354人 1.49倍
2010年 78人 141人 83人 1.7倍

埼玉県の前期募集では、すべての志願者が受験し、学力検査5教科が課されます。前期募集の募集人員は50%から100%で前期募集のみで募集人員に達する高校もあります。

合否は、5教科の学力検査の得点(500点満点)と「調査書の得点」などを加えた合計得点の高いものから合格となります。また、後期募集では、前期募集で合格にならなかった生徒がどの学校にも志願できます。後期募集は3教科の学力検査(300点満点)に加え、各高校が定める項目(面接や実技検査)が実施され、合否が決定されます。

前期入試の募集定員:普通科25%

選抜方法:総合問題・面接

地域選抜の有無:地域選抜なし

学力検査科目数:5科目

学力検査:調査書比率:6:4

調査書の各学年の取扱比率 1年:2年:3年:1:1:3

面接の有無:

草加高校に関する最新情報は公式HPでお確かめください。