2012一般入試 選抜概要

2012年度の岡山県公立高校の一般入試の選抜に当たっては、中学校等の校長から提出される調査書、学力検査・面接・実技の結果及び自己申告書等を資料として、各高等学校の科・コースの特色を配慮して総合的に判断する。
なお、高等学校長は、募集定員の一部について、学力検査の結果が一定以上にあれば、調査書及び面接等の結果を重視して選抜を行うことができる。調査書については、中学校等の教育の全領域にわたる成果を的確に判断するための資料として重視する。
学力については、調査書の「学習の記録」に記載された評定から求めた換算点と学力検査の結果から求めた合計得点とを基に、高等学校長が「調査書の評定段階」と「学力検査の評定段階」をそれぞれ定め、相関表を作成して判定する。調査書の換算点の算出においては、学力検査を実施しない教科を重視して取り扱う。
学力検査は全日制課程の第Ⅰ期は志願者全員、定時制課程は第Ⅰ期昼間部を志願する者、第Ⅱ期の夜間部を志願する者。
実施教科は、
全日制課程[第Ⅰ期]
国語、社会、数学、理科、外国語(英語)
定時制課程
[第Ⅰ期] 国語、社会、数学、理科、外国語(英語)から志願者が選択する3教科
[第Ⅱ期] 国語、数学、外国語(英語)

続きを読む 2012一般入試 選抜概要

2012自己推薦による入学者選抜

2012年度の岡山県公立高校の自己推薦による入試の概要は以下の通りです。
自己推薦入試 出願の条件
志願する当該科・コース・類型・分野に対して、興味・関心があり、能力・適性を有し、志願する動機・理由が明白、適切であること。
自己推薦入試 選抜の方針
選抜に当たっては、中学校等の校長から提出される調査書、志願理由書、面接・適性検査の結果及び自己申告書等を資料として、目的意識や適性等を重視し、各高等学校の科・コース・類型・分野の特色を配慮して総合的に判断する。
高等学校長は、実施科・コース・類型・分野ごとに調査書、志願理由書及び面接・適性検査の結果等の選抜資料から把握できる内容の中で、選抜において重視する内容を明示する。また、高等学校長は、募集人員の一部について、選抜において重視する実績を示すことができる。

続きを読む 2012自己推薦による入学者選抜

2012年度自己推薦入試の内容

2012年度の岡山県内の公立高校における自己推薦入試の主な高校の入試内容は以下の通りです。
各高校の適性検査の概要は記述がない限り、
文章や資料(いずれも英語を含むことがある。)をもとに教科の枠を越えた総合的な課題を解決する。
となります。
岡山朝日 普通 募集人員(%):20%
自己推薦入試選抜において重視する内容:
■課題に対して自分の持っている知識を総合して、自由に発想したり創造的に考えたりすることができる。
■自分の考えを文章等により的確に表現する力が身に付いている。
■生徒会活動、学級活動、部活動等に積極的に取り組んだ。
岡山操山 普通  募集人員(%):20%
自己推薦入試選抜において重視する内容:
■自然科学や現代社会の諸問題に興味・関心を持ち、論理的な考え方ができる。
■文章(英文を含む。)や資料を読解する力があり、自分の考えを的確に表現できる。
■部活動、学級活動、生徒会活動、スポーツ・芸術・文化・科学等の分野において積極的に取り組んだ。
適性検査の概要:
教科の枠を越えた、次の2種類の適性検査を実施する。
①文章(英文を含む。)や資料を読み取り、自分の考えを述べる。
②文章や資料をもとに、与えられた課題を解決する。
岡山城東 普通 募集人員(%):20%
自己推薦入試選抜において重視する内容:
■諸課題を解決するために必要な理解力、思考力、応用力等の課題解決能力がある。
■自分の考えを文章等(英文を含む。)により、的確に表現する力がある。
■生徒会活動、部活動、校外における文化的・体育的な活動等に積極的に取り組んだ。
適性検査の概要:
文章や資料をもとに、教科の枠を越えた総合的な課題を解決する。聞き取った英文をもとに、自分の考えを英語で表現する。
岡山城東 音楽分野 募集人員:25人
自己推薦入試選抜において重視する内容:
■音楽に対する興味・関心を持ち、基礎的な音楽の実技能力がある。
■音楽の専門技能を持ち、それを伸ばそうとする意欲がある。
■自分の考えを文章等(英文を含む。)により、的確に表現する力がある。
適性検査の概要:
聞き取った英文をもとに、自分の考えを英語で表現する。
初見視唱
音楽の専門分野における自分の特長を、5分以内の楽器演奏または歌唱でアピールする。

続きを読む 2012年度自己推薦入試の内容

2011年度岡山県公立高校 入学者選抜日程

自己推薦 選抜入試
面接・適性検査:2011年2月9日(水)
選抜結果の通知:2011年2月17日(木)
合格者の発表日:2011年3月18日(金)
全日制課程 一般入試選抜
第Ⅰ期
学力検査日:2011年3月10日(木)
面接・実技:2011年3月11日(金)
合格者発表:2011年3月18日(金)

2009年度岡山県公立高校入試 自己推薦入試概要

岡山県の公立高校自己推薦入試は、全目制の全校・全学科・全コースで実施されます。また、総社南高校の普通科美術工芸系及び岡山城東高校の普通科音楽分野、津山東高校の普通科体育分野でも実施します。
自己推薦入試日程
面接・適性検査: 平成21年2月9日(月)
※学校によっては、2月9日(月)及び2月10日(火)の両日にわたって実施することがある
合格内定通知: 平成21年2月17日(火)
合格者の発表: 平成21年3月19日(木)
出願の期間平成21年1月30日(金)から2月3日(火)まで
自己推薦入試 概要
自己推薦の選抜に当たっては、調査書、志願理由書、面接及び適性検査の結果、自己申告書等を資料として、目的意識や適性等を重視し、各高等学校の科・コース・類型・分野の特色を配慮して総合的に判断する。
募集定員
自己推薦入試の募集人員は、各高校の全募集定員の比率で普通科20%、普通科コース、専門学科、総合学科50%を上限としています。
面接
(1) 対象志願者全員
(2) 内容志望の目的や適性等を把握する。必要に応じて簡単な口頭試問を行うことがある。
適性検査
各高等学校においては、志願者一人一人の能力や適性等をきめ細かく評価するために、科等の
特色を踏まえた適性検査を実施することができる。
合格内定とならなかった者の扱い
選抜の結果、合格内定とならなかった者は、改めて一般入学者選抜に出願することができる。
学区
「学区を持つ普通科」の学区は、岡山、兪敷、美作、東備の6つです。「学区を持つ普通科」以外の学科の学区はすべて全県です。
学区外出願者については、「学科・コースの募集定員の5%の人数」×「その学科の募集人員の比率」で算出される人数が、合格内定者数の上限になります。

2009年度公立高校入試 一般入試概要

岡山県の公立高校一般入試日程は以下のとおり実施されます。
入試日程
学力検査:  平成21年3月11日(水)
面接・実技: 平成21年3月12日(木)
合格発表:  平成21年3月19日(木)
出願期間:平成21年2月24日(火)から2月26日(木)まで
募集定員
募集定員から、自己推薦による合格内定者数を除いた人数
学区
「学区を持つ普通科」の学区は、岡山、兪敷、美作、東備の6つです。「学区を持つ普通科」以外の学科の学区はすべて全県です。
選抜資料
調査書、学力検査(5教科)・面接の結果などを総合的に判断します。
くくり募集
くくり募集とは、二つ以上の科・コースで一括して生徒を募集する募集方法で次に示す学校の科・コースの間で実施する。ただし、自己推薦による入学者選抜には適用しない。
くくり募集を行う学校
東岡山工業高等学校(機械科・電子機械科・電気)
岡山東商業高等学校(ビジネス創造科・情報ビジネス科)
倉敷商業高等学校(商業科・国際経済科・情報処理科)
津山商業高等学校(地域ビジネス科・国際ビジネス科・情報ビジネス科)
笠岡商業高等学校(商業科・情報処理科)
総社高等学校(普通科・普通科自然探究コース)
※普通科と理数科では、選抜時に科の所属を決定する
岡山一宮高等学校(普通科・理数科)
倉敷天城高等学校(普通科・理数科)
玉島高等学校(普通科・理数科)
津山高等学校(普通科・理数科)
第2志望
第1志望の科と同一の学科に属する他の科・コースを第2志望にすることができます。次の学科・科は同一の学科の科とみなします。
◆普通科(コースを含む)、理数科、国際情報科、キヤリア探求科
◆環境技術科、環境デザイン科
同一学科内に他の科・コースがない場合は、異なる学科の科を第2志望とすることができます。

閉校となった高校と新しい高校

平成20年4月1日現在の新旧の高校名一覧です。年月日は閉校となった時期で、太字が新しい高校です。
平成17年3月末
備前東高等学校 + 備前高等学校= 備前緑陽高校
平成18年3月末
高梁工業高等学校 + 成羽高等学校= 高梁城南高校(高梁校地)
平成18年3月末
川上農業高等学校 → 高梁城南高校(川上校地)
平成18年3月末
至道高等学校 → 落合高校
平成18年3月末
大原高等学校 → 林野高校
平成18年3月末
矢掛商業高等学校 → 矢掛高校
平成19年3月末
金川高等学校 + 福渡高等学校= 岡山御津高校
平成19年3月末
児島高等学校 + 琴浦高等学校= 倉敷鷲羽高校
平成19年3月末
日本原高等学校 → 勝間田高校
平成19年3月末
新見北高等学校 → 新見高校(北校地)
平成19年3月末
備作高等学校 → 和気閑谷高校
平成20年3月末
精研高等学校 → 井原高校(南校地)
平成20年3月末
吉備北陵高等学校 → 高梁高校

2009年度 私立高校募集定員決定

私立高校の入試日程は、川崎医大付と吉備高原学園を除く21校は共通日程で行われます。
選抜1期
出願:平成21年1月19~22日
試験:平成21年1月29日(一部30日)
選抜2期
出願:平成21年2月12~16日
試験:平成21年2月18日
岡山県私学協会は10月17日、2009年度の私立23高校の募集定員を発表した。
前年度比331人減の5785人で、10年連続の減少となった。
定員減は関西高校99人、山陽女子高校150人、岡山理大付高校71人など10校。
岡山白陵高校35人、岡山学芸館高校34人など11校では定員増となった。
就実高校は男子の募集を始める。
新設されるコース
山陽女子高校 普通科スーパー特別進学コース、音楽科ミュージカル専攻
就実高校 普通科特別進学コースハイグレードクラス
おかやま山陽高校 普通科資格専門コース
募集停止をするコース
岡山学芸館高校 食物調理科
作陽高校 音楽科
倉敷翠松高校 普通科福祉コース

連携型中高一貫校「蒜山高等学校」 入試日程

平成21年度連携型中高一貫校入試概要
実施学校: 蒜山高等学校普通科
出願資格: 真庭市立蒜山中学校を平成21年3月に卒業見込みの者
入試日程
面接・作文: 平成21年2月9日(月)
場合によっては、2月9日(月)及び2月10日(火)の両日にわたって実施することがある。
合格内定の通知: 平成21年2月17日(火)
合格者の発表:  平成21年3月19日(木)
※合格内定とならなかった者は、改めて一般入学者選抜に出願することができる。
選抜方法: 
選抜に当たっては、中高連携教育に係る学習のまとめ、面接・作文の結果等で総合的に判断する。
面接・作文
(1) 対象志願者全員
(2) 内容志望の目的や意欲・適性等を把握するため、面接及び作文を実施する。面接では、必要に応じて簡単な口頭試問を行うことがある。