2009年度岡山県公立高校入試 自己推薦入試概要

岡山県の公立高校自己推薦入試は、全目制の全校・全学科・全コースで実施されます。また、総社南高校の普通科美術工芸系及び岡山城東高校の普通科音楽分野、津山東高校の普通科体育分野でも実施します。
自己推薦入試日程
面接・適性検査: 平成21年2月9日(月)
※学校によっては、2月9日(月)及び2月10日(火)の両日にわたって実施することがある
合格内定通知: 平成21年2月17日(火)
合格者の発表: 平成21年3月19日(木)
出願の期間平成21年1月30日(金)から2月3日(火)まで
自己推薦入試 概要
自己推薦の選抜に当たっては、調査書、志願理由書、面接及び適性検査の結果、自己申告書等を資料として、目的意識や適性等を重視し、各高等学校の科・コース・類型・分野の特色を配慮して総合的に判断する。
募集定員
自己推薦入試の募集人員は、各高校の全募集定員の比率で普通科20%、普通科コース、専門学科、総合学科50%を上限としています。
面接
(1) 対象志願者全員
(2) 内容志望の目的や適性等を把握する。必要に応じて簡単な口頭試問を行うことがある。
適性検査
各高等学校においては、志願者一人一人の能力や適性等をきめ細かく評価するために、科等の
特色を踏まえた適性検査を実施することができる。
合格内定とならなかった者の扱い
選抜の結果、合格内定とならなかった者は、改めて一般入学者選抜に出願することができる。
学区
「学区を持つ普通科」の学区は、岡山、兪敷、美作、東備の6つです。「学区を持つ普通科」以外の学科の学区はすべて全県です。
学区外出願者については、「学科・コースの募集定員の5%の人数」×「その学科の募集人員の比率」で算出される人数が、合格内定者数の上限になります。