平成23年度北海道【石狩地区】公立高校入試 出願状況

2011年度の北海道公立高校の当初出願の数字が発表されました。

石狩地区全体では募集定員11,520人(うち推薦枠1,908人)に対して、志願者数は一般入試12,333人、推薦入試940人、合わせて13,273人で、平均競争倍率は1.15倍となっています。

石狩地区で倍率が高かったのは、札幌啓成の理数、恵庭南の体育、札幌工業の機械・電気、札幌琴似工業の電子・電気、札幌東商業の流通、普通科では札幌東、札幌厚別、札幌真栄、北広島西、石狩南などが高倍率となっています。

続きを読む 平成23年度北海道【石狩地区】公立高校入試 出願状況

平成23年度北海道【十勝地区】公立高校入試 出願状況

2011年度の北海道公立高校の当初出願の数字が発表されました。

十勝地区全体では募集定員2,720人(うち推薦枠880人)に対して、志願者数は一般入試に1,793人、推薦入試に863人で合わせて2,745人が志願し、平均競争倍率は
1.01
倍となっています。

十勝地区で倍率が高かったのは、
帯広工業の電子機械、帯広柏葉の普通、帯広緑陽の普通、帯広南商業の商業、清水の総合などが高倍率となっています。

続きを読む 平成23年度北海道【十勝地区】公立高校入試 出願状況

平成23年度北海道【オホーツク地区】公立高校入試 出願状況

2011年度の北海道公立高校の当初出願の数字が発表されました。

オホーツク地区全体では募集定員2,800人(うち推薦枠692人)に対して、志願者数は一般入試2,209人、推薦入試175 人、合わせて2,438人で平均競争倍率は0.87倍となっています。

オホーツク地区で倍率が高かったのは、北見北斗の普通、北見柏陽の普通、美幌の地域資源応用、北見工業の 電子機械、北見商業の流通経済や情報処理などが高倍率となっています。

続きを読む 平成23年度北海道【オホーツク地区】公立高校入試 出願状況

平成23年度北海道【上川地区】公立高校入試 出願状況

2011年度の北海道公立高校の当初出願の数字が発表されました。

上川地区全体では募集定員3,360人(内推薦枠1,036人)に対して、志願者数は一般入試が2,634人で、推薦入試が985人の合計3,631人が出願し、平均競争倍率は1.08倍となっています。

上川地区で倍率が高かったのは、普通科では旭川西、鷹栖、旭川西で、その他、旭川農業の農業科学、旭川工業の自動車・電気、旭川商業の会計などが高倍率となっています。

続きを読む 平成23年度北海道【上川地区】公立高校入試 出願状況

平成23年度北海道【渡島地区】公立高校入試 出願状況

2011年度の北海道公立高校の当初出願の数字が発表されました。

渡島地区全体では全日制高校の募集定員2,520人(推薦枠944人)に対して、志願者数は一般入試が2,452人、推薦入試が461人、合計で2,933が出願し、平均競争倍率は1.20
倍となっています。

渡島地区で倍率が高かったのは、普通科では函館稜北、上磯、七飯、大野農業の食品科学と
生活科学、函館工業は各学科高倍率となっています。

続きを読む 平成23年度北海道【渡島地区】公立高校入試 出願状況

平成23年度北海道【日高地区】公立高校入試 出願状況

2011年度の北海道公立高校の当初出願の数字が発表されました。

日高地区の全日制全体では募集人員680人(うち推薦枠204人)に対して、一般入試の 出願者数が498人、推薦入試の出願者数が25人、合計561人が出願し平均倍率は0.80倍となっています。

日高地区で倍率が高かったのは、静内の普通や静内農業の食品科学など。

続きを読む 平成23年度北海道【日高地区】公立高校入試 出願状況

平成23年度北海道【胆振地区】公立高校入試 出願状況

2011年度の北海道公立高校の当初出願の数字が発表されました。

胆振地区全体では募集人員2840人(うち推薦標準枠716人)に対して、志願者数は一般出
願者数が2509人、推薦出願者数が484人で出願者数は合計3013人となっており、平均競争倍率は1.06倍です。

胆振地区で倍率が高かったのは、普通科では苫小牧東、白老東、厚真などで、室蘭栄の理数科、苫小牧工業は各学科とも高倍率となっています。

続きを読む 平成23年度北海道【胆振地区】公立高校入試 出願状況

【石狩地区】平成22年度公立高校 推薦入試要件

2010年度北海道公立高校の推薦入学者選抜における普通科の「推薦の要件(志望してほしい生徒像)」は以下の通りです。
%は推薦入試の入学枠の程度。「*30%」は、募集人員から連携型入試選抜による合格内定者数を減じた数の30%程度を意味します。
野幌高校  普通  20%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

基本的な生活習慣や学習習慣が身に付いており、次のいずれかに該当する生徒
1 将来の進路目標を実現するために、地道に努力を続けられる生徒
2 スポーツ・芸術・生徒会等の活動に積極的に参加する生徒
千歳高校  普通  20%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

地域の人材育成を目指すなどの本校の特徴をよく理解するとともに、自らをアピールできるものを持ち、基礎学力や基本的な生活態度を身に付け、将来の夢や希望を実現させようとする気概にあふれた生徒

続きを読む 【石狩地区】平成22年度公立高校 推薦入試要件

【札幌市】平成22年度公立高校 推薦入試要件

2010年度北海道公立高校の推薦入学者選抜における普通科の「推薦の要件(志望してほしい生徒像)」は以下の通りです。
%は推薦入試の入学枠の程度。「*30%」は、募集人員から連携型入試選抜による合格内定者数を減じた数の30%程度を意味します。
札幌啓成高校  普通  20%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)
次のすべてを満たす生徒
1 心身ともに健康で、学習と部活動等に自主的・意欲的に収り組み、忍耐強くがんばる生徒
2 礼儀正しく、何事にも責任ある行動をとる生徒
3 大学進学等の進路目標や、将来の夢に向かって継続的に努力する生徒
札幌北陵高校  普通  20%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

次の両方を満たす生徒
1 大学進学等、将来への目的意識をしっかり持ち、何事にも積極的で、絶えず向ヒしようとする熱意のある生徒
2 心身ともに健康で、次世代の杜会を担うリーダーとして活躍できる資質や能力を高めたい生徒
札幌手稲高校  普通  20%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

高い目的意識を持ち、大学進学等に向けた発展的な学習に取り組む学習意欲にあふれた生徒。あるいは、スポーツ・芸術・生徒会活動等に積極的に取り組み、大学進学等に向けた学習との両立を図る活動意欲にあふれた生徒

続きを読む 【札幌市】平成22年度公立高校 推薦入試要件

【釧路地区】平成22年度公立高校 推薦入試要件

2010年度北海道公立高校の推薦入学者選抜における普通科の「推薦の要件(志望してほしい生徒像)」は以下の通りです。
%は推薦入試の入学枠の程度。「*30%」は、募集人員から連携型入試選抜による合格内定者数を減じた数の30%程度を意味します。
釧路東高校  普通  20%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

次のいずれかに該当する生徒
1 明確な進路目標を持ち、意欲を持って学習に取り組む生徒
2 教科等の学習との両立を図りながら、特別活動等に意欲的に取り組む生徒
阿寒高校  普通  30%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

郷土の自然や文化に関する学習や地域との交流活動に興味・関心を特ち、将来への目的意識を持って、学習や特別活動等に意欲的に取り組む生徒
白糠高校  普通  30%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

学業・人物に優れ、本校のコース制を理解し、進路目標の実現に向けて積極的に取り組み、地域との交流や各種資格取得にも意欲的に挑戦する生徒
厚岸翔洋高校  普通  30%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

次のいずれかに該当する生徒
1 基本的生活習慣が身に付いており、部活動や学校行事等におけるリーダー性があり、入学後も同様の活躍が期待できる生徒
2 明確な進路目標を持ち、その実現に向けて学習や資格取得をやり遂げようとする生徒
釧路北陽高校  普通  20%
推薦の要件(志望してほしい生徒像)

次のいずれかに該当する生徒
1 将来への目的意識を持って学習に取り組もうとする熱意のある生徒
2 課外活動に強い興味・関心を持ち、教科等の学習との両立に積極的に収り組もうとする熱意のある生徒